ORTHO矯正治療

  • HOME  >  
  • 矯正治療

きれいな歯並びで健康と美しさを手に入れましょう

きれいな歯並びで健康と美しさを手に入れましょう

歯並びが乱れていると目立ってしまって気になります。矯正治療を受けようと思う方は、「歯並びをきれいにしたい」とご来院になります。もちろん、矯正治療を行うと歯並びが美しく整いますが、得られるのは美しさだけではありません。お口まわりの健康や全身の健康にもつながるのです。藤沢地域の皆様のホームデンティストを目指す「神谷デンタルオフィス」では、マウスピースによる目立ちにくい装置を中心に矯正治療をご提供します。矯正治療中も見た目が気にならないので、歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。
※公的保険が適用されない治療

ORTHO歯並びが与える影響

歯並びが乱れているとお口まわりだけでなく、全身の健康にもさまざまな悪影響を与えることがあります。リスクを負う可能性がある項目を挙げてみます。

虫歯や歯周病のリスク

虫歯や歯周病のリスク

歯並びが悪いと、お口の自浄作用がはたらきにくく、汚れがたまってしまう部位やブラッシングがしにくい部位が生じることがあります。するとそこから虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

うまく発音できない

うまく発音できない

前歯にすき間があり息がもれると発音が不明瞭になります。また歯がでこぼこに生えていて、舌の位置が定まらず、スムーズに動くスペースが足りないと、クリアな発音が難しくなります。

全身の成長への悪影響

全身の成長への悪影響

歯並びや噛み合わせが悪く、食べ物をうまく噛み砕くことができないと、胃腸に負担をかけたり、栄養の補給がうまくいかなかったりします。成長過程のお子様の場合は、全身の健康や成長にも影響を与える心配があります。

頭痛や肩こり

頭痛や肩こり

歯並びや噛み合わせが悪いと、お口まわりの筋肉に過度の負担がかかるので、頭痛や肩こりを引き起こすリスクを高めます。

顎関節症

顎関節症

口が開けにくかったり、口を開けるときに「ガクガク・シャリシャリ」鳴ったり、顎の関節が痛くなる顎関節症を引き起こす可能性があります。

口元がコンプレックスになるリスク

口元がコンプレックスになるリスク

話したり食べたりするときに目立つ口元が気になって、人前に出るのが億劫になり、消極的な性格になってしまうことがあります。

ORTHO矯正器具の見えにくい「マウスピース矯正」を取り扱っています

矯正器具の見えにくい「マウスピース矯正」を取り扱っています

マウスピース矯正とは、少しずつ形の異なるマウスピースを一定期間ごとに取り替えて、歯を理想の位置に動かしていく治療法です。マウスピースは薄く透明で目立ちません。そのうえ取り外しができるので、食事のときやブラッシングの際に外せます。矯正治療をしていても何でも好きな物を食べることができ、ブラッシングもいつもと同じようにできます。

矯正治療というと、歯の表面に金属装置(ブラケット)を装着してワイヤーを通して歯を動かす、矯正装置「メタルブラケット」をイメージするのではないでしょうか?ほとんどの歯並びの治療に使用できますが、目立ってしまう装置です。さらにワイヤーに引っかかりやすい食べ物を控えなければならず、丁寧なブラッシングが必要です。そのためのストレスがかかります。しかしマウスピース矯正は、取り外し可能なので、ブラケットとワイヤーによる矯正治療につきもののストレスがかかりません。

マウスピース矯正のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ストレスが比較的少なめです
  • 矯正装置が目立ちません
  • 取り外して食事ができます
  • 取り外せるので清潔を保てます
  • 取り外してブラッシングできます
  • 歯並びの状態によっては使用できません
  • 毎日20時間以上の装着が必要です
  • メタルブラケット(金属の装置)による治療よりも比較的高額です
文字サイズ