news 歯ぎしりしていませんか?

歯ぎしりから歯を守るには?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

寝ているとき歯ぎしりしていませんか?

本日は歯ぎしりについてです。

歯ぎしりによる被害を防ぐもっともポピュラーな歯科治療は、マウスピースを使う方法です。就寝中にマウスピースを装着し、力のかかり方を修正して歯やあごを守ります。また、良い噛み合わせをつくる矯正治療は、悪い歯ぎしりを良い歯ぎしりに変える根本的な改善策です。

こうした治療と同時に重要なのが、就寝前のイメージトレーニング「歯ぎしりをしないぞ」と繰り返し唱え自分を暗示にかけます。簡単なわりに効果があり、歯ぎしりが4割減るとも言われています。

加えて、生活習慣や癖の改善も大切です。日中に噛みしめていることを自覚したら、すっと力を抜いて歯が接触しないようにしましょう。

何かに集中している時、歯が接触していることが多くなる傾向があります。目に見える位置に付箋やシールなどを貼り、目についたら歯が接触していないか確認するのが効果的です。

さらに肩をあげて一気に力を抜きます。その状態で上下の歯を離し唇を閉じます。舌の先が上顎の裏側歯の根元から少し手前の位置にあることも意識してチェックしましょう。

日々の生活から歯の位置を意識し歯ぎしりから歯を守りましょう!

Y

  • 歯ぎしりしていませんか?
文字サイズ