news 毎日のお手入れでセルフケア

おはようございます。

藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

お口の健康を守るには、毎日のお手入れが大切です。

毎日歯磨きをしているのに歯周病になってしまったという人も、意外と多いものです。それは歯をみがいていても、みがき残しがあるのです。

正しいブラッシングをはじめとした歯周病予防の方法として大切なのは〝自分できちんと汚れを落とす〟こと。

しっかり汚れを落とすために、お口のセルフケアの方法をご紹介します。

 

《汚れを残さない歯磨きの仕方》

・歯ブラシを小刻みに動かす

・夜、寝る前は特にゆっくり丁寧にみがく

・小型の歯ブラシでみがく

・歯と歯肉の境目もブラッシングする

・基本は一筆書きを3周

 

《歯ブラシの当て方》

・歯の表面はブラシを直角に当てる

表面は、歯ブラシを歯に直角に当て、左右に細かく振動させながら移動させる。

・歯と歯ぐきの境目は45度の角度で

歯ぐきの縁は歯ブラシを45度に当て、細かく振動させる。裏側も同じく行う。歯周病予防に効果的。

・前歯の裏側は縦みがき

前歯の裏側をみがく時は、歯ブラシを縦に持って汚れをかき出す。

 

《フロスや歯間ブラシも活用》

・歯間ブラシ

歯と歯の間に入れ、前後に数回動かす。歯と歯の間の幅より、少し小さめでみがくとき軽く抵抗のあるものを。

・デンタルフロス

歯と歯の間に入れ、歯ぐきを傷つけないよう歯の側面を歯ぐき側から噛む側に向けて沿わせるようにして汚れを落とす。

 

毎日のセルフケアでしっかり汚れを落としましょう!!

  • 毎日のお手入れでセルフケア
文字サイズ