news 飲み込みにくい、むせやすい

おはようございます。

藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

食べるときにうまく飲み込めなかったり、むせたりすることが増えていませんか?

飲み込む機能は50歳ごろから衰え始め、高齢期になると誤嚥を起こす危険も出てきます。

誤嚥は気管にとって異物である食べ物を吐き出そうという反射機能が働き、むせ込むことになります。

高齢者では、誤嚥に対する反射機能が低下したり、むせる体力がなかったりするため。気管に入った食べ物や唾液を排出できず、誤嚥性肺炎や窒息を引き起こす危険があります。誤嚥したときは咳き込むのを我慢したりせず、しっかりむせて、咽頭の奥にある異物をすべて吐き出してしまうことが重要です。

また、高齢になっても自分の口で食べ、飲み込むためにも歯科健診を定期的に受け、歯を健康に保ちましょう。

  • 飲み込みにくい、むせやすい
文字サイズ