news 片咀嚼、していませんか?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

片側の歯でばかり噛んでしまう癖、ないですか?

どちらか一方の歯が悪かったり、歯がなかったりすると、片側でばかり噛んでしまう方がいらっしゃいます。この状態を「片咀嚼(へんそしゃく)」といいます。

片側の歯でばかり噛んでいると、噛み砕いた食物は舌の上にうまく運ばれず、頬側の空間に食べ物が溜まりやすくなります。つまり食べた物がなかなか飲み込めずいつまでも残り、口の中は不潔な状態になります。

その結果、噛める側でもむし歯や歯周病が進行しやすくなり、特に高齢者がこのような状態が続けば、誤嚥性肺炎を引き起こす危険性が高まります。

また、噛み合わせのズレによる頭痛や肩こりなども知られています。

片咀嚼を予防するには、両側の歯で噛めるように口の中の治療を受けておくことが大切です。

かかりつけの歯科医院に相談し、片咀嚼が無いように治療を受け、お口を健康な状態に保ちましょう!

 

  • 片咀嚼、していませんか?
文字サイズ