news アルツハイマー病と歯周病

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
アルツハイマー病と歯周病
アルツハイマー病とは、脳の神経細胞が破壊され、記憶や思考などに支障をきたす病気です。
あるたんぱく質の老廃物である「アミロイドβ」が、脳内に異常にたまることが原因だろうと考えられています。

現在のところ、「歯周病とアルツハイマー病に関係あり」と100%いいきることはできないものの、いろんな調査や実験の結果から、両者の関係が無視できなくなりつつあります。
さらに、実験的に歯周病にさせたマウスでは、脳内のアミロイドβが異常に増加し、認知機能がいちじるしく低下するという結果も得られているそうです。

歯周病菌やその毒素、免疫細胞が出す炎症物質が脳内のアミロイドβを増加させ、アルツハイマー病を悪化させると考えるようになっているのです
歯周病を予防したり治療をすることで、アルツハイマー病の発症を遅らせることができるのかはまだ分かっていないようですが、口腔ケアをするに越したことはないでしょう

  • アルツハイマー病と歯周病
文字サイズ