news 歯並びが悪くなる原因ってなあに?

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 歯並びが悪くなる原因ってなあに?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

【歯並びが悪くなる原因ってなあに?】

歯並びが悪くなる原因は

1.遺伝

2.顎の発達不良

3.悪習癖

4.虫歯や歯周病

等が挙げられます。特に2、3は小さい頃の習慣が大きく影響しています。

小さい頃から柔らかいものばかり食べて噛む回数が少ないと、顎の骨に刺激が与えられず成長が妨げられます。すると歯が並ぶスペースが確保されずに、歯並びが悪くなります。

また、悪習癖として典型的なものが「指しゃぶり」です。小学生になるまでしていると、上顎前突(出っ歯)や開口(口を閉じても上下の前歯が重ならずに隙間があく状態)なってしまいます。頬杖をつく癖があると、歯が正常な位置から動いて歯並びが悪くなります。

歯並びが悪いと、見た目が悪いばかりでなく、歯みがきがしにくいために虫歯になりやすくなったり、うまく咀嚼ができず消化器官に負担がかかったりします。

歯並びの治療は、お子さんはもちろん、大人になってからでも可能です。気になる方は歯科医院にてご相談されることをオススメします♪

  • 歯並びが悪くなる原因ってなあに?
文字サイズ