news 日本の口腔がんの現状

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
 
【日本の口腔がんの現状】
 
□羅患数は40年間で4倍!
日本の口腔がんの死亡率は米国の2.5倍以上です。日本で2016年に口腔・咽頭がんと診断された男性は15205人、女性が6396人で、この40年で4倍以上に増えています。また、その50~60%が口腔がんとみられます。高齢男性に多い病気ですが、女性や40歳未満の若年者にも増えてきたのが特徴です。
 
 
□口腔がんの現状と課題
がんの要因の7割は食生活、生活習慣、ウイルスだと言われますが、口腔がんの場合はこれに慢性的な刺激が加わります。中でも物理的な刺激は、悪い歯並び、合わない入れ歯などで舌や口の中の粘膜を傷つけること。科学的な刺激は、添加物、人工甘味料、熱による化学的変化の影響です。
 
日本では口腔がんの認知度が低いため、口の中に病変があっても単なる口内炎と思い込み、なかなか医療機関を受診しない人が多いので、がんの発見が遅れがちです。
これに対して米国をはじめとした先進諸国では、口腔がんの早期発見・治療が行われ、死亡率が減少傾向にあります。
 
口の中は自分でチェックが可能であり、ステージⅠの段階で早期発見すれば95%は治ります。しかし、日本頭頚部癌学会に登録された158施設のデータでは、2014年に口腔がんと診断された人のうち35.8%はステージⅣの段階で見つかっていました。
口腔がんは、目で見たり手で触って分かる場所に発生するがんであるにも関わらず、内臓のがんがより進行した状態で見つかっている人の割合が高いと報告されています。
 
 
~日本医事新報社2019.7.13より~
  • 日本の口腔がんの現状
文字サイズ