news むし歯菌の「移動」!!母子感染に注意

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
【むし歯菌の「移動」!!母子感染に注意】
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。では、いつからむし歯になるのでしょう?それは母親やご家族がむし歯菌を感染させてしまうのです。赤ちゃんの口にキスをしたり、食器の共有、口移しで食べ物を与えたりすると、お子さんの口の中へむし歯菌が大移動を始めます。

感染しやすい時期は、乳歯が生えてくる2歳前後が要注意です。
 
ただ毎日の生活の中で、完全に母子感染を防ぐのは難しい上に、あまり神経質になることもお子さんにとって良くありません。 
  • むし歯菌の「移動」!!母子感染に注意
むし歯からお子さんを守るポイントはお母さんの口の中の健康です。 お母さんにむし歯菌が多いとお子さんのむし歯菌の数も比例して多くなる傾向があります。 お母さんのむし歯をきちんと治療し、口腔内を常にキレイな状態に保つために最低でも半年に1度は歯科定期検診を受けることをおすすめします。
文字サイズ