news 第三の歯の病気、酸蝕歯ってなあに?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

第三の歯の病気、酸蝕歯ってなあに?

虫歯や歯周病に次いで歯を失う原因となっているのが「酸蝕歯」です。酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。

このような症状を「酸蝕症」と言いますが、非常にゆっくり進行するため、これまでは大人になってからなるものだと思われていました。しかし、子どもの食生活環境が変わってきたことなどから、子どものうちから酸蝕症になってしまう例が報告されています。

酸性かアルカリ性かは、ph値で示されます。中性はph7で、それより数値が小さければ酸性、大きければアルカリ性になります。口の中は通常ph6.5~7で、弱酸性から中性となっています。しかし歯の表面を覆っているエナメル質は。ph5.5以下の酸性のものに対して弱く、酸性の飲食物ばかり摂っていると溶けてしまいます。

酸蝕症の予防には、適切なブラッシングが効果的です。また、症状に気づきにくいため、定期的な歯科健診を受けることで早めに対応することが重要です。

 

  • 第三の歯の病気、酸蝕歯ってなあに?
文字サイズ