news 知ってる?妊婦さんのお口のケア

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

知ってる?妊婦さんのお口のケア

「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」などという話を耳にしたことのある方は少なくないと思います。

妊娠によって虫歯や歯周病のリスクは高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することは可能です。

妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、プラボテラ・インターメディアという歯周病性細菌が増殖しやすくなります。また、だ液の粘性が高まって口腔内の自浄作用が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなっている上に、これらの初期症状に自分からは気付きにくいです。つわりがおさまる4~5か月頃に歯科健診を受けて、比較的体調の安定した妊娠中期に必要な歯科治療を受けると良いでしょう。

歯科治療に当たっては、妊娠中であること、産婦人科医から注意を受けたことは必ず歯科医師に伝えましょう。

出来るだけ楽な姿勢で、体調や気分が悪くなった時は遠慮なく伝えましょう。
レントゲンが必要な治療の場合、歯科治療で通常用いられるX線の放射線量はごくわずかなためお腹の赤ちゃんには影響はありませんが、妊娠していることを伝えた上で歯科医師の指示に従うことが大切です。

 

  • 知ってる?妊婦さんのお口のケア
文字サイズ