news お口の汚れを確認してみましょう!

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
 
【お口の汚れを確認してみましょう!】
「朝晩 歯磨きをしています」という方でも、磨き残しは存在します
 
磨き残しを少しでも減らして清潔なお口の環境になるよう指導を受けるとき、歯を赤く染められたことはありませんか?
 
 
見づらい歯垢を「染めだし」で確認!
お口の汚れに赤く色をつけることを「染めだし」と呼んでいます。このときつける赤いいろの液体は「歯垢検査薬(染めだし剤)」というもので、歯に残っている歯垢を赤く染めてくれるものです。歯垢は歯より少し黄色がかっているような白色なので、鏡を見ていてもなかなかわかりません。そのため、歯垢を染め出すことで、磨き方のクセや磨き残した部分をわかりやすくチェックすることができるのです。
  • お口の汚れを確認してみましょう!
「歯垢」が「歯石」になる前に
歯垢は「プラーク」とも呼ばれています。歯垢(プラーク)はむし歯や歯周病の原因になるもので、放っておくと唾液中のカルシウム成分と結合し硬くなっていきます。この硬くなってしまった歯垢は「歯石」と呼ばれるものになり、歯ブラシで取り除くことができません。その前に、毎日歯ブラシでできるだけ歯石を取り除くことが大事なのです。
 
 
いつも同じところに汚れが付いていたり、どうしても落ちない汚れがあるときには、取り除くための方法をドクターや歯科衛生士に相談しましょう!
文字サイズ