news 意外と知らない?歯ブラシと歯磨き

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 意外と知らない?歯ブラシと歯磨き
おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
 
【意外と知らない?歯ブラシと歯磨き】
 
■広がった歯ブラシの歯間部の汚れ落ちは新品の55%
どのくらい広がった歯ブラシなのかは気になりますが、新品と使い古しでは、汚れ落ちに差が出ます。
「歯ブラシは効率よく汚れを落とすために工夫がされていますが、長く使うと本来の効果が発揮できなくなります。1ヶ月に1回を目安に交換するのが良いと思います。」
 
■歯ブラシのみで落とせる歯間部の歯垢はたったの6割
歯ブラシだけで汚れを落とした場合、歯間の汚れは6割程度しか落ちません。歯磨きには、歯間クリーナーを組み合わせなければならないことがわかります。
「大学歯学部の授業で、歯ブラシだけで汚れを落としてみるとという授業があるのですが、100%に近い状態になるのに1時間以上かかります」
 
■就寝前の歯磨きに一番時間をかけよう
就寝中は、抗菌作用や自浄作用のある唾液の分泌が減ってしまうので、夜、寝る前の歯磨きで歯間部まで念入りに磨くこと。
「朝起きたときに口臭が強くなるのは雑菌の繁殖のためです。歯を磨かずに寝ると、むし歯や歯周病の危険性が高まるのもこのためです」
 
 
~FRau 2019.5月号より~
  • 意外と知らない?歯ブラシと歯磨き
文字サイズ