news 歯周病が進行すると、骨が溶ける?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
【歯周病が進行すると、骨が溶ける?】
歯周病が進行すると歯を支える歯槽骨が溶けて歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。
それは、歯周病菌の感染が引き金となり体内の免疫反応が骨を壊す働きを助長するからなのです。
病状は一定のスピードで進むわけではなく、停滞期から急に活動期になり、再び停滞期になるなどゆるやかに進みます。
とくに活動期には、短期的にかなり多くの歯が溶けてしまいます。
ただ、自覚症状がほとんどないのです。
その理由として、歯周病で歯肉が化膿した場合、歯周ポケットにうみが流れ出てしまい、痛みに繋がらないことが考えられます。
そのような場合でも検診を受ければ歯周病と診断出来て、すぐに治療を開始できます。
早期発見には定期的な検診が不可欠になります。
年に2回以上受けることをおすすめします

  • 歯周病が進行すると、骨が溶ける?
文字サイズ