news 歯周病セルフケア

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
 
 
【歯周病セルフケア TOP3】

1.正しいブラッシングでみがき残しを減らす
歯垢は早い人だと1週間くらいで歯石になってしまいます。食べた後は歯みがきを。特に寝る前は丁寧に。
丁寧なブラッシングの目安は、1本の歯につき20秒程度。28本の歯が全部残っていれば、合計で約10分かかることになります。お風呂に入りながら、テレビを見ながらの“ながらみがき”でOK。
  • 歯周病セルフケア
歯と歯肉の境目に歯ブラシを45度の角度で当て、歯周ポケットに毛先が入ることを意識して。
 
 
 
2.1日1回、デンタルフロスか歯間ブラシでケアを
歯みがきに加え、デンタルフロスと歯間ブラシも活用すると、歯垢がよくとれます。
歯と歯の隙間が狭い場合はデンタルフロスが、隙間が広くなっている場合は歯間ブラシが適しています。歯の状態に応じて両者を使いわけましょう。
1日1回、寝る前の歯みがき後に。
  • 歯周病セルフケア
歯肉に少し隠れるまでそっとフロスを入れて動かし、次に歯の側面をこするようにして上下に動かしましょう。
 
 
 
3.歯周病に詳しい歯科の“かかりつけ医”を持つ
歯科医にも“かかりつけ医”がいれば安心です。
 
 
 
ハルメク2019.6月号より
文字サイズ