news 指しゃぶりが歯並びを悪くする原因に!?

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 指しゃぶりが歯並びを悪くする原因に!?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

指しゃぶり」をする赤ちゃんは多いかと思いますが、長い期間やめられずに続けていると歯並びに影響が出てしまう可能性があります。

上の歯が前に出てしまう「上顎前突」や、上下の前歯の間にすき間が開く「開咬」、上下の奥歯が横にずれて中心があわない「片側性交叉咬合」などです。

このような咬合の異常により舌癖、口呼吸、構音障害が起りやすくなります。指しゃぶりにより上下の歯の間に隙間があいてくると、その隙間に舌を押し込んだり、飲み込むときに舌で歯を強く押し出すような癖が出やすくなり、このような癖を「舌癖」と言います。
前歯が突出してくると、口唇を閉じ難くなり、いつも口を開けている癖がつき、鼻や咽の病気がないのに口呼吸しやすくなってしまいます。

指しゃぶり」を辞められない子に効果的な方法はいくつかありますが、その中の一つに絵本があります。

当院の待合室には、「指しゃぶりが辞められた!」という声の多い『ゆびたこ』という絵本を置いております。

気になる方はぜひお試しください☆

 

 

  • 指しゃぶりが歯並びを悪くする原因に!?
文字サイズ