news 唾液の健康成分

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
【唾液の健康成分】
◎IgA
正式名称は「免疫グロブリンA」。1日50~100mg分泌され、唾液中の抗菌・抗酸化成分の中では、最も量が多い。雑菌やウイルスが粘膜に付着するのを防ぐ一方、善玉菌を粘膜表層にとどめる作用もある。母乳や腸の分泌液にも含まれる。
 
◎ラクトフェリン
母乳、汗、涙にも含まれ、細菌の増殖を抑制する効果や、細胞の老化を防ぐ作用などがある。
 
◎ムチン
粘液の主成分。唾液のネバネバの正体。粘膜表面を外部の刺激から保護する作用がある。 ◎重炭酸塩 口内が酸性化し、虫歯になるのを防いで、口の中を中性に保つ働きをしている。
 
◎ぺルオキシターゼ
ラクトフェリンと同様に抗酸化作用を持つ酵素で、発がん性物質が出す活性酸素を抑制する。
 
◎メラトニン
睡眠の質を高めるホルモンとして知られ、唾液腺の中でも作られている。
 
◎グロースファクター
細胞を修復し、活性化させるたんぱく質の総称。唾液中には20~30種類含まれる。
 
 
唾液には上記のような健康成分がたくさんあります
  • 唾液の健康成分
文字サイズ