news スウェーデンで発見!新★歯みがき法

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
今回は、NHKの「ためしてガッテン」で放送された、スウェーデンの予防歯科についておしらせします
最新の調査によると、虫歯のある人は40代でなんとほぼ100%!毎日欠かさず歯みがきをしているにも関わらず、なぜむし歯になるのか?ということで、国民の虫歯を大きく減らすことに成功したスウェーデンを徹底取材したそうです。
そこで見つけたのは、歯みがき後に「口をゆすがない」という衝撃の歯みがき法というものと、虫歯がなくても年に1度は歯医者に行き、「プロケア」という施術を受けることが、虫歯や歯周病予防にとっても大切ということです。
虫歯予防の強い味方といえば、歯みがき粉の“フッ素” だそうです。

...

スウェーデンで発見!新★歯みがき法
<ポイント1>
フッ素配合の歯みがき粉をたっぷりと使う(目安は2cm)

<ポイント2>
歯全体に歯みがき粉が行き渡るように意識して2分程度歯みがきを行う

<ポイント3>
口の中の泡を吐き出したあと、口をゆすがない
ゆすぎたい場合は水を少量にして、回数も少なくする

<ポイント4>
歯みがきのあと、2時間飲食をしない(最低でも30分)

スウェーデンでは多くの人が、虫歯はなくても、定期的に歯科医院を訪れるそうです。
目的は歯科衛生士による「プロフェッショナルケア(通称プロケア)」を受けること。もちろんプロケアは日本の歯科医院でも受けることができます。
プロケアを受けると、虫歯や歯周病のリスクが大きく減ると言われているそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190508/index.html

  • スウェーデンで発見!新★歯みがき法
文字サイズ