news くいしばりのリスクについて

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • くいしばりのリスクについて
おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
 
【くいしばりのリスクについて】
クレンチング症候群という言葉を聞いたことがありますか?
 
歯を食いしばる癖のことですが、ストレス過多で無意識にかみしめる方に多く発症する症状で、身体に大きな影響があることがわかってきています。
実際、歯でぐっとかむときには自分の体重と同じくらい、平均50~60キロ程度の力がかかっていると言われています。
 
ちなみに
フランスパン30キロ
おせんべい50キロ
歯ぎしり80キロ
 
一時的に食事でかかる力に関しては必要だとしても、ぐっとかみしめる無意識の時間が長く続いてしまえば、身体に大きなダメージが起きてきます。
  • くいしばりのリスクについて
くいしばりによって起こる様々な症状
歯の摩耗 亀裂・破折
歯周病 歯のぐらつき
知覚過敏
肩こり
 
 
あなたも「クレンチング症候群」かも?
▢鏡で見たときに、上と下の歯のかみ合わせの部分がすり減って見えたり、平らになっていたりしませんか。
▢舌の脇の部分に、歯の形がついて波のようにみえませんか。
▢頬の内側、歯に当たる部分に白く見える線やなにか異変がありませんか。
▢歯と歯ぐきの境目に削られたような不自然な傷がありませんか。
▢あごの関節や、エラのあたりを押すと筋肉に痛みが出ることがありませんか。
 
 
「クレンチング症候群」を予防しよう
・クレンチング症候群の予防のためには、首周りの筋肉や肩の凝りなどをほぐすよう心がけたり、上と下の歯が触れていると感じたときには極力噛んだ歯を緩めてみましょう。
・イライラやかみしめを分散するようにガムを噛んでみたり、かみしめているあごの関節や口の中をマッサージするように緩めてみましょう。
・噛み合わせを歯科で診てもらったり、強い力を直接かけないようにマウスピースを作ってもらうことも良い方法です。
 
 
クレンチング症候群という耳慣れない言葉ではありますが、このような症状になる前に早めにチェックして対処していきましょう
文字サイズ