news 妊娠と口腔健康

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
近年、結婚や出産の高齢化が目立ちますが、妊娠中に歯周病になってしまうとリスクが生じます!
 
そもそも妊婦すると女性ホルモンが増加し、女性ホルモンが大好きな歯周病菌も増加します!歯肉の血液量が増える為、刺激に対して敏感になり歯肉が腫れたり痛みを伴い出血したりします。なので妊婦さんは歯周病になりやすいと言われています。
 
細菌感染により早産になることもあります。陣痛は子宮が収縮されておきますが、細菌などに感染して繊毛膜や羊膜などが炎症を起こすことで子宮が刺激されます。放っておいていい訳がありません!
  • 妊娠と口腔健康
つわりや体調の変化、だ液の変化などでブラッシングが難しい場合があります。小さい歯ブラシや洗口液を使うのもオススメ!キシリトールガムを摂取するのも良いですね!
 
赤ちゃんの歯は、妊娠7週から作られはじめます。そして4ヶ月後から歯の石灰化が始まります。この時期の栄養状態が悪いと赤ちゃんの歯が弱くむし歯になりやすい性質になると言われています。
 
安定期やつわりが治まったら、一度定期検診で拝見させてください!
母子ともに健康な歯で出産の日を迎えましょう!
文字サイズ