news 初期虫歯ってなあに?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

初期虫歯ってなあに?

子どものころに学校の歯科健診で「C1」「C2」などとチェックされたことはありませんか?
むし歯の進行段階はCOからC4までの5段階あります。Cは虫歯を意味する「Caries(カリエス)」のことで、「CO(シーオー)」と診断されることが多いのが初期虫歯です。
Oは数字のゼロではなく、英語の観察「Observation (オブザベーション)」のオーです。「要観察歯」のことで、むし歯になりそうな歯・穴が空く一歩手前の歯・初期虫歯などと言われています。

初期虫歯は健康的な歯と見た目がほとんど変わらず、痛みなどの自覚症状もないため見逃しやすいのが特徴です。歯科ではすぐに治療せずに様子をみますが、「要観察歯」なので早い段階でのケアがとても重要です。初期虫歯の段階であれば、毎日のセルフケアで歯を修復し、健康な状態に戻せる可能性があります。

初期虫歯の予防や修復のためには、フッ素が有効です。歯科シーラントや高濃度フッ素を塗布したり、ご家庭でフッ素入りの歯磨き粉やフッ素洗口液をしようすることも有効です。
フッ素は再石灰化を促進させる作用のほか、酸に強い丈夫な歯にしたり、虫歯菌が出す酵素の働きを邪魔して酸を作りにくくさせる効果があります。

上手にフッ素を使ったセルフケアを行って初期虫歯の予防修復を行いましょう!

  • 初期虫歯ってなあに?
文字サイズ