news 脱 金属!

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

【脱 金属!】
保険診療で金属を使うのは、もはや日本だけ。

  • 脱 金属!

歯科用金属は溶け出し、酸化しやすい!


だから・・・
●歯や歯肉の変色を起こす
●アレルギーを起こす可能性がある
●汚れが付きやすい
●細菌が繁殖しやすい
●隙間ができてくる


金属の詰め物を外してみると中が汚れていることがあります。


つまり、むし歯や歯周病になりやすいのです。


もちろん金属の詰め物のメリットもあります。
耐久性があり欠けたりすることなく長持ちします。また、保険が使えるので値段が安く抑えられます。


しかし、かつては安くて丈夫な銀歯が主流でしたが見た目を気にする方が増えた現在は、値段は高くてもセラミックを選ぶ方も増えています。


見た目だけではなく将来的に見ても銀歯よりセラミックの方が虫歯や金属アレルギーにかかるリスクが減らせることも人気の一因です。

値段よりも長期的な安心をとることをおすすめします。

文字サイズ