news 歯周病ケア

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
一段と寒くなりましたね。かぜなどひかないようにお気をつけください。
 
【今が大切!歯周病ケア】
体のどこよりも早く老化が訪れるといわれる「口の中」。
そういえば以前に比べて、歯にものが挟まったり、歯みがきのときに歯ぐきに下がりを感じたり、たまに出血したり・・・
なんてことは起こっていませんか?
もしかしたら、それは「歯周病」が進行しはじめているのかもしれません!
  • 歯周病ケア
 
~世界一蔓延する病気、ギネスに認定!~
2001年、歯周病は「人類史上、最も感染者が多い感染症である」ということでギネスに認定されました。
毎年世界で猛威を振るうインフルエンザよりも感染者数が多いということ。世界中で誰もが感染している病気なのです。
日本では30代以上で8割の人が感染しているといわれています。
 
~歯周病ってどんな病気なの?~
歯周病は、細菌の感染によって起こる炎症性疾患です。
口の中には、300~500種類の細菌が常在し、普段は日和見菌で悪さはしません。
でも、歯みがきが不十分だったり、加齢でだ液分泌が低下したり、砂糖を過剰摂取したりすると、細菌は粘着物質を出して、歯にこびりつきます。
これがプラーク(歯垢)です。このプラークの中には10億個(1mg内)もの細菌が存在し、むし歯や歯周病などの悪さを始めます。特に、歯と歯肉の境目の歯肉溝はプラークが付着しやすく、徐々に炎症が起き、腫れて出血します。
さらに進行すると、歯肉ポケットが深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が不安定になり、最後は抜歯という道をたどります。
 
~どうやって治療するの?~
歯周病はもともと歯周病菌という細菌による感染症ですが、それだけでは発症しません。
歯周病菌のエサとなるプラークがカギとなります。
ですから、治療ではプラークや歯石の状態を検査して、それらを取り除きます。
このプロセスを歯周基本治療といいます。
この治療は、毎日行うセルフの歯みがきケアと歯科医院が行うプロのケアがセットになっています。
残念ながら、セルフケアだけでは行き届かない部分が必ず出てしまうため、プロの定期ケアは必須です。
歯周病は根治はできないので、歯周病と診断されたら、セルフと定期ケアを生涯習慣にしましょう。
 
 
MyAge2018.11月6日号より
文字サイズ