news むし歯菌について

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
【むし歯菌 ~歯の表面溶かす酸を作る~】
お口の中には500種類以上の細菌がいると言われています。
その中でも常に口の中にすんでいる口腔内常在菌と言われる細菌の一種、
ストレプトコッカスミュータンス
がむし歯の原因として知られています。
ミュータンス菌は、むし歯の発生に関わる二つの特徴を持っています。
 
一つ目は、糖質を分解して水に溶けないネバネバを作ります。
このネバネバは、ミュータンス菌だけではなく他の口腔内常在菌を歯の表面に貼り付けて細菌の塊である歯垢を形成します。
できたばかりの歯垢は結合力が弱く、少しの力でバラバラになりますが、そのままの状態で数日経過すると、細菌の塊が作る「バイオフィルム」と言われる被膜を作り、容易に壊れなくなります。
それだけでなく、酸素や細菌を壊す酵素、薬液も通さなくなります。
 
二つ目は、糖質を分解して酸を作ります。バイオフィルムは酸素を通さないので、歯の表面は酸素がない状態になります。
ミュータンス菌は、酸素がなくなると糖質を分解して酸を作る性質があります。
この酸によって歯の表面のミネラル分が溶かされ、むし歯になってしまうのです。
  • むし歯菌について
また、お口の中が不潔だとインフルエンザに感染しやすくなると言われています。
口の中の細菌数を減らすことは、むし歯だけでなく、歯周病やインフルエンザの予防にもつながります。
 
そのためにも日頃のセルフケアはもちろん、定期的に歯科医院を定期的に受診し、プロのケアや適切なアドバイスを受けましょう。
 
~神戸新聞2018年8月27日朝刊17面~
文字サイズ