news だ液検査で自分のむし歯リスクを知ろう

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
「だ液検査で自分のむし歯リスクを知ろう」
しっかり歯みがきをしているつもりなのに、なぜむし歯になるのだろう?というお悩みをお持ちの方はいませんか?
そんな方には、“だ液検査”をお勧めします。だ液検査は、問診や視診だけではわかりにくい、目に見えないむし歯リスクを科学的に知ることができます。
 
むし歯になりやすい方はもちろん、妊娠中の方やお子様など自分自身のむし歯リスクを知ることで、根拠に基づいた予防プランを立てることができるのです。
  • だ液検査で自分のむし歯リスクを知ろう
“だ液検査”で、こんなことがわかります。
 
●だ液の量
だ液には溶けた歯を治す力があります。歯は食事のたびに脱灰という溶ける現象が起こります。これをもとに戻すのがだ液の中に含まれる成分です。だ液の量が少ない方はむし歯ができやすいのです。
 
●ミュータンス菌の数
ミュータンス菌は代表的なむし歯菌で、糖を餌にして歯を溶かす酸を出します。お口の中には様々な細菌がいますが、ミュータンス菌の比率や数が多い方は、むし歯ができやすい人です。
 
●だ液の質
だ液は食事によって酸性になったお口の中を中和する機能があります。この機能が弱いとお口の中はなかなか中和されず、むし歯の予防効果も低くなり、むし歯ができやすくなります。
 
●バチラスキンの数
バチラスキンは詰め物やかぶせ物の周りに付着しやすいむし歯菌です。金属やプラスチックなど劣化しやすい材料の隙間に住んでいて、ミュータンス菌と同じように酸を出し、むし歯の原因となります。
 
●歯垢(プラーク)の量
歯垢は細菌のかたまりです。お口の中の細菌が多ければ多いほど、酸が多く出され、歯が溶けます。食後、増えた細菌が酸を出す前に歯垢を取り除くことが重要です。
 
 
興味がある方は、ぜひ検査してみてください。
文字サイズ