news 原因不明の痛みは“噛みグセ”が原因かも

おはようございます。神谷デンタルオフィスです。
 
「原因不明の痛みは“噛みグセ”が原因かも」
食後に急に頭が痛くなる、突然痛くて腕を上げることができなくなったなど、原因が思い当たらない痛みに悩まされることはありませんか?もしかしたら、それは噛みグセと関係あるかもしれません。
 
噛みグセというのは、左右・前後どちらかでよく噛むクセのこと。噛みグセは、例えばむし歯のある側と反対側で噛むといった場合もありますが、日本人は右手で箸を使うために左の奥歯で噛むクセのある人が多く、前歯をあまり使わない人が多いのが特徴です。
 
  • 原因不明の痛みは“噛みグセ”が原因かも
噛みグセに左右差があると、よく噛む側の歯がすり減るため、歯の高さに左右差ができて頭が傾きます。すると、頭を正常な位置に戻そうとして筋肉が緊張します。また、奥歯ばかりで噛んでいると、奥歯がすり減り頭が後ろに傾くため、重心を前に戻そうと猫背になり、脊椎が圧迫されるのです。
 
原因不明の痛みに思い当たる人は、まんべんなく“よく噛む”ことを心がけでみてはいかがでしょうか。
 
~からだにいいこと2018.8月号より~
 
以前、日本テレビの「スッキリ」でも、かみ合わせ状態を改善することにより、肩こりや頭痛が改善したというのが取り上げられていました。肩こりや頭痛で悩んでいる人は一度噛み合わせを確認してみても良いかもしれません。
文字サイズ