news 強い体を作る 歯と口の健康法

おはようございます。藤沢の神谷デンタルオフィスです。
台風が近づいていますので、お出かけの際はお気を付けください。
「強い体を作る 歯と口の健康法」
30歳以上の約8割が羅患しているという歯周病は、今や糖尿病をはじめ、動脈硬化や脳梗塞などの重大な病気にまで関係することがわかってきました。
また、だ液の減少等は、放置するとQOL(生活の質)低下の原因になります。
まずは口中老化していないか、チェックシートで自己診断!
□1 口臭があると感じている
□2 歯が長くなったり、歯の間が空いた気がする
□3 歯肉がムズ痒く、歯が浮く感じがする
□4 起床時、口の中がネバネバする
□5 口の中が乾いてネバネバする
□6 乾いた食べ物が食べにくく、普段から飲み込みづ らいときがある
□7 味がよくわからないときがある
□8 通年、夜間に必ず起きて水を飲む
 
  • 強い体を作る 歯と口の健康法
1~4でひとつでもチェックがついた人は歯周病の恐れが。
<歯周病対策>
●正しい歯磨き、フロス、舌苔ブラシなどを使い、毎日のホームケアを徹底する。
●3~4ヶ月に一度、定期検診を受け、プロによるクリーニングを。
4~8でひとつでもチェックがついた人はドライマウスの恐れが。
<ドライマウス対策>
●だ液腺のマッサージを行う。
●ものを食べるときは、水分で流し込まずに、よく噛んで食べる。
●昆布だしに代表されるグルタミン酸など、旨み成分のある食べ物をできるだけ多く摂取するようにする。
~クロワッサン2018年8月10日号より~
文字サイズ