news ☆「酸蝕歯」って何?~原因・兆候とは~

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • ☆「酸蝕歯」って何?~原因・兆候とは~
  • ☆「酸蝕歯」って何?~原因・兆候とは~

こんにちは、藤沢インプラントセンター 神谷デンタルオフィスです。今日は酸蝕歯についてお話します。

 

酸蝕歯とは酸が歯のエナメル質を柔らかくすることによっておきる状態です。歯のエナメル質(歯の固い表面)が酸にさらされると一時的に軟らかくなり、ミネラル分の一部が失われます。唾液は酸性の状態を中和し、口腔内の自然なバランスを取り戻し、ゆっくりとエナメル質を硬化させます。しかし、歯の修復プロセルは遅いため、酸に頻繁にさらされると、歯は修復する機会を失ってしまいます。
この状態で歯磨きをすると、エナメル質が削り取られやすく、時間の経過とともに...歯が薄くなっていくので注意が必要です。

下の画像が酸蝕歯の歯です。一見健康な歯に見えますが、ライトを照らすと歯が薄く透明になっていることがわかります。

~兆候~
◎初期段階
・熱い飲み物や冷たい飲み物を飲んだときにしみる
・歯の表面が丸みをおびて見える
・歯が薄くなり、下の象牙質が見え始めることで、歯がわずかに黄色くみえる

◎中期以降
・歯の先端が透けて見える
・歯の表面に小さいへこみが現れる
・昔の詰め物がいきなり取れてしまう。

これらの症状が見られる場合は、注意が必要です。酸蝕歯の影響は下に戻すことが出来ません。ダメージがひどければ歯の神経を取ったり歯を抜かなければならないこともあるので、専門医にぜひご相談ください。

文字サイズ