news 「むし歯予防のためのPHコントロール」

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
 
食事や間食をとると、むし歯菌は食べ物に含まれる糖質を分解し酸を作ります。するとお口の中は酸性に傾きます。歯の表面のエナメル質は非常に固い物質ですが、この酸には弱く限度を超えると成分が溶けだし、むし歯になりやすい状態になります。しかし、通常はだ液の働きによって30分~60分後には中性の状態に戻ります。
  • 「むし歯予防のためのPHコントロール」
お口の中のpHが5.5より下がると、歯の表面からカルシウムやリンなどのミネラルが溶け始めます。このpH5.5がお口の中の環境はむし歯に(なりやすい)か、(なりにくい)の境い目とされています。
飲食回数が多いと、だ液の自浄作用が追い付かず、中性の状態に戻る回数が少なくなり、お口の中は酸性の状態が続きます。食べる量が少なくても。頻繁に間食をとる習慣のある人は、むし歯になりやすい環境にあります。
 
むし歯になりにくい口内環境をつくろう!
・食事時間はなるべく規則正しく
・食後は歯みがきをしよう
・甘い飲み物、お菓子は摂りすぎない
文字サイズ