news いびき体操!

おはようございます。
神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

「いびきをかくのは中高年の男性」というイメージが強いですが、じつは年齢に関係なく、女性でもいびきに悩む人が少なくないそうです。

そこで、本日はいびきの軽減やSASが原因の眠けの改善に有用と言われている『いびき体操』をご紹介します。

1.舌を前に出す
 口を自然にあけ、ゆっくり舌の先をぐっと突き出す。(2回)

2.舌を回転させる
 舌の先を口の周りの筋肉に押し付けながら、口の中で大きく円を描くようにまわす。逆回しで戻す。(1回)

3.舌を上げる
 上あごに舌を押し付けるようにして、舌を上げる。(2回)

4.舌を丸める
 舌の先を喉の奥に向けるように意識して、丸める。(2回)

5.口蓋垂をあげる
 舌の奥をぐっと下げ、口蓋垂をあげる。鏡を見ながら、あくびをするときの要領で舌を下げると口蓋垂が上がるのがわかる。(2回)

6.口をすぼめる
 ほおに凹みができるくらい強く、口をぎゅっとすぼめる。(2回)

7.口に指を入れてすぼめる
 口の中に人差し指を入れ、くわえるようにして口をぎゅっとすぼめる。(左右2回ずつ)

8.口をつり上げる
 口を少し開け、片側の口の端に力を入れてつり上げるようにする。左右2回ずつ。

 

  • いびき体操!

左右2回ずつ。

1〜8を1セットとします。口腔内やあごに以上がある人は医師の指導のもとにおこなってください。

参考文献:栄養と料理’18.1月
引用画像:http://blog.livedoor.jp/fumira/archives/52397707.html

文字サイズ