news フッ素の力でむし歯予防!

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

みさなん、セルフメディケーションという言葉をご存知ですか?
セルフメディケーションとは、世界保険機構(WHO)の定義では「自分自身の健康に責任を持ち軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とあります。
自分の歯を自分で守るには、セルフケアと歯科医院での定期検診がとても重要です!

セルフケアの1つとして歯磨き剤があります。みなさんは普段は磨き剤を選ぶ時、何を基準に選んでいらっしゃいますか?
金額・効果・味・メーカーなど選ぶ基準はたくさんあると思います。今後、その基準の1つに加えて欲しいのがフッ素濃度です!

フッ化物は歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着促進、歯の質強くして酸に溶けにくい歯を作ってくれたりします。多くの国でフッ化物配合歯磨き剤のシェアは90%に達しており、歯磨き剤にフッ化物が配合されていることは周知の事実となっています。
2017年3月にはフッ化物を配合する薬用歯磨き類のフッ素濃度として日本でも世界基準である1500ppmへ引き上げられ、虫歯予防効果がさらに期待できるようになりました。最近では、ドラッグストアでも目にする機会が増えてきているので探してみてくださいね♪

また、フッ化物を効果的に作用させるには、歯磨きの後は少量の水で軽くすすぐ程度(味が残っている程度)が効果的です!

セルフメディケーションでできるだけ自分で正しいケアをすることが大切です。正しいホームケアの方法を歯科医院での定期検診でしっかり確認し、定期検診とホームケアのダブルケアでご自身の歯を守っていきましょう!

参考文献:福島民報 2017年10月30日 朝刊20面
引用画像:http://www.lion-dent.com/dental/tools/iroiro/dental.htm

  • フッ素の力でむし歯予防!
文字サイズ