news 噛む力の低下=衰えのサイン

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

「噛む力の低下=衰えのサイン」
昨年12月7日、東京都大田区内で高齢者を対象にした「口から始める健康講座」が開かれ、約30人の参加者が参加した。
参加者には緑色の「咀嚼チェックガム」を噛んでもらいます。緑色のガムは噛んだ後にピンク色に変わるため、色が変わればしっかり噛めている証拠になる。
他にも大きく口を動かす運動や舌を前に突き出した口の体操なども行ったという。
加齢などの影響で口の機能が衰えると、噛みにくいと感じる。すると肉や野菜などの硬いものを避け、パンやうどんなど柔らかいものを選びがちになり、栄養も偏ります。
ここで対策を取らないと、噛む機能はどんどん低下していきます。低栄養や筋力の低下、ひいては要介護状態になりやすくなる。
些細な衰えが積み重なることで、健康に大きなダメージになるのです。

 

  • 噛む力の低下=衰えのサイン

本人だけではなく、周囲も口周りに意識を向け、気になることがあれば歯科医に相談することが大切です。

参考文献:朝日新聞2018.1.10
画像引用:http://www.irasutoya.com/2015/03/blog-post_790.html

文字サイズ