news ブラッシングと仕上げうがいのポイント!

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
本日は2月22日にゃんにゃんにゃんの日ですね!
 
 
お口の中は、飲食から8時間ほどで、ばい菌がカタマリを作り始め24時間ほどで目に見えるようになります。
これを歯垢(プラーク)をいい、多数のばい菌が住む「巣」となり、虫歯や歯周病の原因となります!
ですが、プラークは粘着性は強いですが柔らかいので、届きさえすれば歯ブラシで取り除けますが、歯と歯の間の歯間や、歯と歯ぐきの境目など、みがき残しがありがちです。そういう時は、デンタルフロスや歯間ブラシをうまく活用し汚れを取り除きましょう。
 
仕上げうがいのポイントは全部で2つあります!
 
1.水の量はおちょこ1杯分(30㎖)がベスト
口に含む水の量が多すぎると、水が口の中でうまく回らず、少なすぎると行き渡りません。目安は大体30㎖ぐらいですが、ご自身に合った量を見つけてください。
 
2.上下左右にぶつけるように
口に水を含んだら上下・左右の歯の各表裏両面に強く早くぶつけ、往復で10回ずつくらいぶつけたら水を吐き出しましょう。
 
ポイントを意識した仕上げうがいとブラッシングで健康で清潔な口腔内を維持しましょう♪
 
参考文献:安心 2017.11月号
引用画像:https://sozai-good.com/illust/hospital/
  • ブラッシングと仕上げうがいのポイント!
文字サイズ