news 『麻酔が切れるまでご注意いただきたいこ…

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
患者さんから治療が終わった後によく、飲食は何分後にしていいですか?という質問が多くあります。
治療によりますが、大体30分から1時間くらいで飲食オーケーです!
ですが、麻酔をしたときに注意してほしい点があるのでお伝えしますね。
  • 『麻酔が切れるまでご注意いただきたいこと』
  • 『麻酔が切れるまでご注意いただきたいこと』
1.食事は麻酔がきれてからにする
麻酔が効いている時に食事をしてしまうと、誤って唇を噛んでしまったり、麻酔をした部分に傷がついても気付かない事があります。
どうしても食事をとる際は麻酔をしていない反対側でやわらかい物を食べるようにしてください。
 
2.唇を噛んでしまうと大きく腫れる
麻酔が効いている時に、誤って唇を噛んでしまうと大きく腫れてしまいます。特にお子さんの場合、麻酔が効いていると唇を噛んでも痛くない為、何度も噛んでしまい、腫れてしまうことがあります。
 
3.やけどに注意する
麻酔が効いている時の水分は熱いものを避けるようにしてください。熱さが分からず火傷をしてしまうことがあります。
 
4.麻酔の切れめに初めにかゆい感じや違和感を感じることがあります。爪や指でひっかいたりしないようにして下さい。
 
感覚がないので、怪麻酔をした後は、我をしないよう飲食には十分気を付けて下さいね。
文字サイズ