news インプラントを長持ちさせるには!?

おはようございます。
神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

歯科インプラントの治療後、安心してしまって歯科での定期検診をサボってしまいがちな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インプラント治療の後、最も気を付けなければいけないのが、「インプラント歯周炎」です!歯周病菌の感染により、インプラント周囲の粘膜に炎症が起きる病気で、進行するとインプラントを支える周囲の歯槽骨が溶けてインプラントが脱落する可能性があります。

「インプラント歯周炎」は天然歯の歯周炎と同様、初期は歯肉の腫れや出血などで自覚症状が少ないのが特徴です。
ですが、インプラントは天然歯より粘膜や歯槽骨の抵抗力が働きにくいので、天然歯に比べて進行が速いのです。

インプラントを長持ちさせるには、日々のセルフケアの他に歯科医院での定期検診が大切です。

日々のセルフケアの基本は正しい歯磨き!可能であれば毎食後、就寝前にはしっかりと歯を磨くことが大切ですよ。特にインプラントとそれに隣接する歯の周辺は念入りに磨きましょう♪

歯科医院では、自分に合った歯磨きの方法や歯磨きに使うグッズを紹介してくれるので、定期検診の際に聞いてみて下さい!

インプラントは治療後のケアがあってこそ!日々のケアと定期検診でインプラントを長く大切に使いましょう。

参考文献:日刊ゲンダイ 2017年8月10日13面
引用画像:http://www.lion-dent.com/dental/tools/iroiro/dental.htm

  • インプラントを長持ちさせるには!?
文字サイズ