news むし歯予防効果上昇!

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
平成29年3月17日に、これまで1000ppm以下とするよう定められていた歯磨き粉のフッ化物濃度を1500ppmまで引き上げることが厚生労働省によって承認されました。Ppmは百万分のいくつにあたるかを示す値で、欧米では5000ppmの歯磨き粉も作られています。また、イギリスにおいては、3 ~ 6 歳では 1,350 ~ 1,500ppm の薬用歯みがき剤の使用が推奨されているようです!
日本でも各メーカーから販売されていますが、今回の承認では「6歳未満の子供への使用は控える」「6歳未満の子供の手の届かないところに保管する」旨の表示、などの基準も同時に設けられています。

  • むし歯予防効果上昇!

フッ素には、歯から溶け出したカルシウムやリンが歯に戻る「再石灰化」を促進する作用、歯の構造そのものをむし歯の原因菌産生する「酸」に対して強い構造にする作用、むし歯の原因菌の活動を抑制する作用などが知られています。
今回承認されたフッ素濃度の高い歯磨き粉により、虫歯予防効果がより高まる事が期待できます。
神谷デンタルオフィスでも画像の歯科用1450ppmの歯磨き粉やジェルを3つご用意していますので、お気軽にお声かけください。

引用・参考 福島民報2017年10月16日朝刊12面

文字サイズ