news 矯正歯科にまつわるウソ

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。台風が過ぎていいお天気が続きそうですね。
 
さて、子どもの歯の矯正について、色々耳に入ってくることも多いのではないでしょうか。矯正歯科にまつわる話のウソをお伝えします。
 
✕ 歯並びや噛み合わせが悪くても、顎の成長によって自然に成長する
子どもの顎は成長しますが、後ろの方にどんどん伸びていくだけです。前歯が並ぶ辺りの横幅は成長しないので、歯並びが乱れている、乱ぐい状態は解消しません。
  • 矯正歯科にまつわるウソ
✕ 虫歯ができやすいのは体質だから、歯並びとは関係がない
虫歯になるかどうかは、体質よりも口の中のケアがきちんとできているかによります。虫歯はミュータンス菌による感染症で、ミュータンス菌の出す酸によって歯が溶ける病気です。歯並びが悪い部分は歯ブラシが届きにくく、ミュータンス菌をつくる歯垢の磨き残しができてしまいます。
 
✕ 時期を逃すと矯正歯科治療をすることができない
矯正歯科治療自体は成人になってからでも始められます。ただ顎や骨格に起因するような場合、子ども時代から治療しておくほうが後の治療が楽になりますし、治療結果もよくなります。
 
矯正治療の開始は焦らなくても良いですが、気になる方は早めに相談だけでもしてみたほうが良いかもしれませんね。
文字サイズ