news 歯の少ない高齢者は引きこもりになりやす…

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 歯の少ない高齢者は引きこもりになりやす…

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

今日もまた冬空に逆戻りですね。こんな寒い日は外に出たくなくなりますね。

実は、国立長寿医療センターの調査によると、ご自分の歯が19本以下で義歯を使用していない高齢者は、歯が20本以上ある高齢者に比べて、原則として週1回も外出しない「閉じこもり」に4年後になる割合が2.5倍高くなるそうです。これは歯が悪いと仲間との外食を避けたり、引け目を感じて人と会うのを避けたりするためと考えられています。

 この医療センターが2006年と20010年に調査した結果によると、最初のアンケート時に引きこもりではなかった65~74歳の4390人のうち、4年後に閉じこもりになった人は7.4%の324人だったそうです。また、このうち74歳以下で閉じこもりになった割合を比べると、歯が19本以下で義歯を使っていない人は、義歯の必要がなく歯が20本以上ある人より2.5倍高く、19本以下でしっかり義歯を使っている人より1.7倍高いそうです。75歳以上では、外出が減るのは体力的な面が大きいようです。

 歯が少ない人は「人前で笑えない」「咬みにくいので食べるのが遅くなり会食がおっくう」などと回答しているそうです。やはり若い人がホワイトニングをしてきれいな歯にするのと同様に、高齢者にとって自分の歯のように使える義歯は自信につながりとても大切ですね。

 もちろん義歯を必要とせず、自分の歯で生活できることが1番大切です。まずは歯周病や虫歯によって歯を失う事のないよう、日々のケアや検診での専門的なケアをしてもらいましょう。また、義歯が必要になってしまったとき、保険のものと自費で作製できるものではやはり使い心地が異なります。毎日の食事や会話で使用するものなので、違和感なく使用して頂くためにも、義歯を作製する際は医師とよく相談し、自分に最良のものを選択して作製していただくことをお勧めします。

 当院では義歯の専門の技工士さんに来ていただいて義歯を作製して頂いています。作られた患者さんのほとんどの方に満足して頂いています。みなさん、たくあんやいかのお刺身などの固い物も難なく召し上がれるそうです。もし自費での義歯作製に興味がありましたら当院のHPもご覧になってみてください。

 

  • 歯の少ない高齢者は引きこもりになりやすい?!
文字サイズ