news リスクに応じた予防方法が重要です

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • リスクに応じた予防方法が重要です

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
昨日はあいにくの雨でしたがそれほど寒くなかったですね。今日からまた寒さが戻るようなので注意が必要ですね。
学生さんはもうすぐ合格発表、そして4月から新学期が始まりますね。勉強以外にも心配になるのが歯科検診の結果だと思います。受験期にダラダラ飲みや間食、歯磨きしないでそのまま机で突っ伏して寝てしまったり...そんな生活を続けていると歯は虫歯の危険に侵されています!また、今後高校や大学に進学する方は特に注意が必要です。親の目が離れるこの時期に虫歯を多く作ってしまう方が当院にも多く通われています。虫歯を放置すると最悪の場合、神経を取らなければならなくなってしまいます。

当院では虫歯のリスクの高さに応じた予防方法をお伝えしています。虫歯になりやすい食生活や習慣などの「リスク因子」とそれを予防するフッ素や歯磨きなどの「防御因子」とのバランス、また歯質や口腔内環境によってリスクの高さが分類されます。
添付している表にあるように、虫歯リスクの低い方(ローリスク)の方であれば、市販のフッ素入り歯磨き粉をしっかり使ってもらい、定期検診での経過観察で大丈夫ですが、ミドルリスク以上になると、市販のフッ素入り歯磨き粉の他に、フッ素洗口と共にキシリトールガムを噛むなどの必要が出てきます。また、エクストリームリスクにもなると、フッ素洗口と重曹洗口も必要になります。

みなさんご自身、どのリスク段階にあるのか気になる場合はお気軽に検診にいらして下さい☆問診と口腔内の視診によってお話します。

  • リスクに応じた予防方法が重要です
文字サイズ