news 2週間以上治らない口内炎にご注意を!

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 2週間以上治らない口内炎にご注意を!

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

今日は生憎の雨で風が強いですね。お出かけの際は十分にお気を付けください。

 

さて今日は「口内炎」についてです。みなさんも一度は口内炎に悩まされたことがあると思いますが、口内炎にも原因によっていくつか種類があることをご存知ですか?

最も多くみられる一般的な口内炎は「アフタ性口内炎」です。原因は不明ですがストレスや疲労による免疫力の低下、睡眠不足、ビタミンBの欠乏などが考えられます。赤く縁どられた1cm未満の丸くて白い潰瘍ができ、複数発生することもあります。

 入れ歯が接触したり、頬を噛んだり、熱湯や薬品などのなどの刺激で傷が出来て起こるものを「カタル性口内炎」といいます。アフタ性と違ってはっきりとした境界線がなく、赤くただれたようになります。

 また、ウイルス感染によってできるものを「ウイルス性口内炎」といいます。単純ヘルペス(口唇ヘルペス)や、梅毒、淋病、クラミジアなどの性感染症が原因になります。多くは粘膜にいくつも水泡ができ、それが破れてびらんができます。

 その他にも、たばこの吸い過ぎで起こる「ニコチン性口内炎」や口の中に常在するカンジダ菌(カビの一種)が原因になる「カンジダ性口内炎」があります。カンジダ性口内炎の場合は、口の中に白いコケ状の斑点ができます。

 様々な原因によって口内炎の種類が異なりますが、一番注意してほしいことは、「口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)」という前ガン病変です。一般の方が見ても上記の口内炎を見分けることが難しいので、2週間以上治らない口内炎があれば、一度口腔外科を受診してみて下さい。心配のない口内炎でしたら2週間で治りますので、2週間を目安に受診を検討して下さい。

 その間の応急処置としては、①ビタミンB製剤を飲む②水やお湯でのうがい③市販の口内炎薬を使うなどです。うがいをする際はうがい薬は使用せず、水やお湯でのうがいをお勧めします。うがい薬を使うと殺菌・消毒はできても、粘膜の細胞の修復を遅らせてしまいます。唾液には抗菌作用があるので、水だけでも十分です。また、市販の口内炎薬はウイルス性の口内炎の場合には逆効果になるので注意が必要です。

 

 口内炎には原因によっていくつかの種類があると言いましたが、通常であれば2週間で良くなりますので、その間は上記に挙げたような応急処置をして安静にしておいてください。2週間以上治らないで痛みを伴う場合は口腔外科への受診をお願いします。

 

画像引用:http://1.bp.blogspot.com/-O73kj7IaARI/VEETbAuYvPI/AAAAAAAAofE/h1vxtY-otkU/s800/kounaien.png

  • 2週間以上治らない口内炎にご注意を!
文字サイズ