news 歯の金属を取り除いたら症状が改善?!

おはようございます。藤沢の歯医者神谷デンタルオフィスです。
 
歯科治療では、金属による修復物を口の中に入れることが多くあります。
通常は保険治療に多く用いられる「金銀パラジウム合金」や、入れ歯に多く使われる「ニッケルクロム」「コバルトクロム」などが代表的です。自費治療では、セラミックや金などの材質が使われています。
  • 歯の金属を取り除いたら症状が改善?!
金属アレルギーが疑われる場合、血液検査やパッチテストを行い、原因金属を特定します。
使用頻度が高かったパラジウム合金の場合、その主成分は60%が銀です。銀によるアレルギーの可能性も高いですが、決めつけずに必ずパッチテストを受けて原因を特定することがお勧めです。
口の中から金属を取り除いたら、アレルギー症状が改善した、疲れにくくなった、原因不明と思われた病気が改善したなど多くの報告が上がっています。
 
一度ご相談に来ていただき、皮膚科をご紹介致します。気になった方は最寄りの病院で検査を受けてみて下さいね。
文字サイズ