news 舌の側面がギザギザしていませんか?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

突然ですが、ご自分の舌をべーっと出して鏡でよく見てみて下さい。

舌のふちがギザギザしていませんか?

これは「歯痕舌(しこんぜつ)」「舌圧痕(ぜつあっこん)」と呼ばれ、舌に歯型がついてしまっている状態の事です。

この状態は、舌のむくみ・低位舌(舌の筋力低下)・食いしばりが原因とされています。

 

舌のむくみ

 舌がむくむと聞いて驚く方も多いかと思いますが、実は舌がむくむと側面がギザギザした歯型がついてしまいます。

舌がむくむ原因は様々あり、

・塩分が多い食事を好む

・運動不足で長時間同じ姿勢でいることが多い

・冷たい物を好んで食べたり、冷え性の方

・心臓や腎臓などの内臓疾患がある方

 

低位舌(舌の筋力低下)

低位舌とは、舌の筋肉が弱って常に舌が下顎に落ちてしまっている状態です。舌が落ちることにより、舌の側面ギザギザとした歯型が付きやすくなります。

低位舌になりやすい人は

・口呼吸

・花粉症

・鼻が常に詰まっている人

・扁桃腺が大きい人

等が挙げられます。

舌の筋肉の衰えは、トレーニングによって改善することができます。過去のブログでもご紹介したあいうべ体操をすると効果抜群ですので、是非やってみて下さい!

食いしばり

歯を食いしばることが多い方は、舌の側面にギザギザとした歯型が付いたり、舌以外にも頬の内側にギザギザやボコボコした跡が付きます。

歯の食いしばりは無意識にしてしまうものですが、しやすい人の傾向はというと、

・ストレスが多い、解消できていない

・忙しい

・激しい運動をしている

・重い荷物を運ぶ仕事をしている

あてはまる方は無意識にくいしばってることが多いかもしれません。

 

このように、舌圧痕が残る原因はいくつかあります。日常生活の中で改善できるよう意識してみて下さい。何か小さなことでも気になることがあれば、歯科の受診をお勧めします。

参考資料:https://epark.jp/medicalook/tongue-tooth-pattern/

K

  • 舌の側面がギザギザしていませんか?
文字サイズ