news 舌痛症とは?

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

昨日とは打って変わって今日はとても寒いですね。体調管理に気を付けましょう。

さてみなさん、「舌痛症」という病気をご存知ですか?

舌痛症とは、舌にヒリヒリ、ピリピリとした慢性的な痛みやしびれた感じが続く舌の病気です。最初は火傷だと思われがちですし、見た目には舌に全く異常が認めらないことが多く、病院を受診しても診断がつかず、効果的な治療を受けられないことが多いようです。

40~50歳代の女性に多いとされています。ほとんどの場合、我慢できないほどの痛みやしびれではありませんが、重症になると耐えがたい痛みになる場合もあります。症状には波があり、起床直後や午前中は比較的落ち着いていますが、夕方や夜にかけてひどく痛むことが多いようです。あまりに長く舌の痛みが続くため、舌の癌ではないかと心配される患者さんも多いのですが、この病気が原因で舌癌になることはありません。

では、舌に潰瘍など器質的な原因がないのに、なぜ舌の痛みを感じるのでしょうか。舌痛症の原因は未だ十分に解明されていませんが、この病気では口腔の痛みの感覚神経が「回線の混線」を起こしていると考えられています。すなわち、痛まなくてもいい時に、痛みの神経回路が勝手にバチバチと電気信号を発している状態が起こっているということです。従来、舌の痛みは何らかの刺激(口内炎などのキズや火傷など)が原因で生じるもので、そのような刺激がない状態での痛みは異常であり心の問題と考えられてきました。しかし、最近の脳科学の知見によると、脳は全く外部入力(外からの刺激)がなくても知覚経験(痛みなどの感覚)を創造できることが明らかになっています。

治療方法としては、入れ歯による物理的なものが舌痛症の原因であれば、入れ歯を口にあったものに代えれば治療できます。金属製のアレルギーの場合も、原因となる詰め物の素材を作り直せば治療できるでしょう。この場合は歯科医院での治療が適切です。

しかし、物理的要因が全く見当たらない舌痛症の場合は、歯科医院での治療ではなく、心理療法になります。舌痛症に対する心理的な不安を取り除いてあげるという治療法が行われるのです。実際、心理療法をすることにより舌痛症が治療できたという例も数多く報告されています。  

舌痛症は心理的なものが原因であることが多いため、普段から舌のことを気にかけないようにすることが重要です。例えば、気になるからといって鏡で舌の様子を確認しないようにするとか、舌が気にならなくなるように何らかの他の熱中することを見つけるとか、そういった方法が舌痛症の治療に役立つことになるそうです。もしいくつかの歯科医院にかかって、舌痛症ではと診断されたら、ペインクリニックなどにかかるのも良いかもしれません。

 

参考サイト:http://www.imanishi4182.jp/guide/index24.html

画像引用:http://doclabo.jp/contents/609

 

  • 舌痛症とは?
文字サイズ