news フッ化物洗口は科学的に証明されています!

おはようございます。藤沢の歯医者 神谷デンタルオフィスです。

 

日本のう蝕予防では、これまで歯磨き・甘味制限・定期健診の3点が強調されてきましたが、実はこれらは科学的根拠に乏しいと指摘されています。

対して、フッ化物の適正な応用は、う蝕予防に有益である事が科学的にも統計的にも実証されています。

  • フッ化物洗口は科学的に証明されています!

フッ化物は本当に安全?

フッ化物の利用に関しては、ネットなどで安全性を懸念する声が聞こえます。それらの不安はその都度、追加研究によって否定され、フッ化物応用の安全性を確かなものにしてきました。

フッ化物は世界の常識!

 

フッ化物の利用は、海外では約70年前から着々と拡大し、成功を収めています。う蝕予防におけるフッ化物の適正な応用は、まさに”世界の常識”なのです。

 

地球上の水の中には必ずフッ素が含まれていますが、その濃度はまちまちです。飲料水にはう蝕予防に最適なフッ化物濃度があるということが分かりました。その考えに基づいて適正なフッ化物濃度の天然水、あるいは適正な濃度になるよう浄水場で調整した水道水を利用した海外でのフッ化物応用には、日本にはない「水道フロリデーション」というものがあります。

 

簡単に言うと、海外の水道水にはフッ素がふくまれているということですね。実は、現在でも、日本の中の米国である米軍基地では水道フロリデーションが実施されています。

文字サイズ