news 夏バテ・冷えバテにはご用心!

おはようございます。神谷デンタルオフィスです。

関東では梅雨も明け、本格的な夏がやってきましたね。

連日の暑さで身体がなんとなくだるいなあ…と感じる方はいらっしゃいませんか?

熱中症ではないけれど、頭痛に肩こり、下痢、食欲がわかない、やる気が出ない・・・などなど自律神経の乱れによる症状が出ていたら夏バテの可能性があります。

夏バテの原因は様々です。高温多湿な環境により体温調節が上手くできずに自律神経が乱れたり、水分不足や睡眠不足、冷たい物の摂取による胃腸の冷えなどが挙げられます。

 

そんな夏バテの解消は自律神経を整えることです!

栄養バランスのよい食事・十分な睡眠・適度な運動を心掛けることが大切です。よく聞く話ですが、やはりこれが一番体にとっては大事なことです。

暑くて食欲がわかないからと言って、そうめんなどの冷たい物ばかりですと胃腸を冷やしてしまう上に、栄養バランスが崩れてしまいます。少量でも栄養価の高い食事を心がけましょう。タンパク質やビタミン・ミネラル類を豊富に含んだものが理想です。

また、空調管理も大切です。屋外と室内の温度差が大きくならないように、暑すぎず冷やしすぎない快適な室温を保ちましょう。身体に無理のない温度差は、夏場は5~7度程度とされています。そのため、室温は28度程度、屋外との温度差は7度以内にしましょう。

この温度差により体が冷えて体調不良になる「冷えバテ」にも注意が必要です。

お家ではご自身でクーラーの温度調整ができますが、外の建物ですと服装で調節するしかありません。薄手のカーディガンやひざ掛けにもなるようなストールなどを持ち歩いておくと良いですね。

また、夏はシャワーで済ましてしまう方も多いかと思いますが、夏でも38~40度程度のぬるめのお湯にゆっくり(目安は10分以上)浸かってしっかり身体を温めることも冷えバテの予防につながります。

 

普段の生活から自律神経の乱れに注意して、この暑い夏を乗り切りましょう!!

K

参考資料:Yahooライフニュース

  • 夏バテ・冷えバテにはご用心!
文字サイズ