news タバコと歯周病

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

歯周病は、細菌とそれに対する体の反応が、歯を支える組織を破壊してしまう病気ですが、それよりももっとこの病気に影響を与えるものがあります。

それが喫煙習慣です。

若い頃からたばこを吸い続けている人の歯周病は、広範囲に広がり進行が速い傾向があります。

ところが、歯茎の炎症の兆候はたばこを吸っていると現れにくいのです。つまり、ヘビースモーカーの歯周病は進みやすいのに、外からは気付かれにくいと言えます。

体はもちろんですが、歯の健康を守るためにも禁煙をオススメします!!

  • タバコと歯周病
文字サイズ