news 虫歯を作る4大要素とは

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

さて、みなさん「むし歯を作る4つの要素」をご存知ですか?

むし歯は「歯」が「むし歯菌」と「糖分」に出会い、「時間」が経過したときに発生します。

私たちの口の中にすむミュースタン菌と呼ばれる虫歯菌は、飲み物や食べ物の糖分を餌にして増え、歯垢(プラーク)を作りだし巣にします。むし歯菌は歯垢の中で酸を作るので、酸に弱い歯のエナメル質が溶けだします。溶け出した状態を「脱灰」といい、ごく初期のむし歯の状態のことをいいます。唾液には修復する働き(再石灰化)がありますが、修復が追い付かないと本格的なむし歯になります。歯質や食事の仕方も影響しますが、4つの要素を知っておくだけで、食後の歯磨きの意識がかわりますよね☆

 

 

  • 虫歯を作る4大要素とは
文字サイズ