news あいうべ体操で舌小帯を伸ばしましょう!

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

最近テレビでも取り上げられることの多い「あいうべ体操」ですが
みなさんご存知ですか?♪あいうべ体操で舌小帯を伸ばしましょう!

舌小帯とは?

舌の裏側にある「すじ」のことです。
舌小帯が短いと発音が聞き取りにくく、いわゆる舌足らずな喋り方になってしまいます。(さ行、た行、ら行、英語ではRとL,T,TH,Sなど)低年齢では短い子も多いのですが、おしゃべりや上手に舌を使って食事をすることにより、本来は徐々に伸びていくものです。

しかし、最近ではのびにくいようです。そこで、あいうべ体操をしてトレーニングをすることをお勧めしています。

【あいうべ体操のやり方】

口を大きく「あ~い~う~べ~」と動かします。

・できるだけ大げさに、声は少しでOK!

・1セット4秒前後のゆっくりとした動作で!

・1日30セット(3分間)を目標にスタート!

・あごに痛みがある場合は、「い~う~」でもOK!

☆お風呂で、トイレで、通勤途中に、親子で、いつでもどこでも思い出したらやってみてください!

  • あいうべ体操で舌小帯を伸ばしましょう!
文字サイズ