news 舌の痛みや痺れ

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
舌の先や縁に「ヒリヒリ」「ピリピリ」した痛みや灼熱感、あるいは、しびれるような感覚を訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。このような症状は40-60歳前後の中高年の女性に多く、あまりに長く舌の痛みが続くため、舌のガン(癌)ではないかと心配される患者さんも多いです。口内炎や傷による痛みではない場合、舌痛症(glossodynia)という舌の病気の可能性があります。
 この舌痛症は、舌・歯・口腔を検査しても、舌の痛みやしびれの原因となるような腫れや炎症などは見つかりません。また、症状には波があり、起床直後や午前中は比較的落ち着いていますが、夕方や夜にかけてひどく痛むことが多いようです。不思議なことに、この舌の痛みは食事中や会話中などはあまり支障がなく、何かに熱中している間は痛みやしびれを忘れる場合もあります。
 舌痛症の原因は未だ十分に解明されていませんが、近年では「神経痛」に近い病気で、痛みを伝達し知覚する神経回路に障害が生じているためだと考えられています。この病気では、口腔の痛みの感覚神経が「回線の混線」を起こしていて、痛まなくてもいい時に、痛みの神経回路が勝手にバチバチと電気信号を発している状態が起こっていると考えられています。睡眠不足、体調不良や疲労などによって、この電気信号の活動が影響を受けるため、症状に波があるようです。
 
 消炎鎮痛剤(痛み止め)や口内炎の軟膏などは、それ程の効果は望めないかもしれません。現在、最も有効と言われている治療法は、抗うつ薬を中心とした薬物療法で、大学病院などで行われています。「えっ、うつ病の薬ですかぁ?」とびっくりしたり、飲みたくないといわれる患者さんもおられると思いますが、心の病やうつ病と診断して抗うつ薬を処方するのではありません。抗うつ薬が神経系へ作用し、「回路の混線」を正常化させていると考えられ、舌の慢性疼痛を治すために抗うつ薬が処方されているようです。

気になる方は専門医に相談してみて下さい。
  • 舌の痛みや痺れ
文字サイズ