news ベロ回し体操について

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
みなさん、噛み合せの悪さがさまざまなトラブルを招くことはご存知ですか?
歯の噛み合せを治すと、頚椎のゆがみが改善せれ、首こり、肩こり、手のこわばりや頭痛なども改善させることができ噛み合わせの悪さは、認知症とも関係があるといわれています。
実際、ほとんど寝たきりのようになっている高齢者の噛み合わせを治したら、「からだのバランスがとれるようになって、自分の足で歩けた」「前はもの忘ればかりしていたのに、頭がはっきりしてきた」という報告もたくさんあります。
このように様々なトラブルを招く噛み合わせの悪さ、あごの関節のズレは、実は誰にでも起こるもの
なぜかというと、加齢に伴って奥歯がすり減るからです。
そんな、加齢に伴って誰にでも現れてくる噛み合わせのズレを予防する方法としておすすめしたいのが『ベロ回し体操』です。
 『ベロ回し体操』は口の中、ほっぺた、口唇、のど、首、あご、頭についている筋肉58種のリハビリが同時に行える運動。表面の筋肉ばかりか、インナーマッスルをも鍛える効果があります。
『ベロ回し体操』を習慣にすると、噛み合わせのズレはもちろん、顔のゆがみ、首や肩のこり、頭痛を予防することができます。

~『ベロ回し体操』のやり方~
1、 唇を閉じて、上下の歯の外側を歯ぐきに沿って、舌でぐるりとなぞる。
2、 舌は、時計回り、反時計回りに20回ずつ回す。疲れる場合は、初めは無理をしないで、5~10回でもよい。
☆ポイント☆
舌は時計回り、反時計回りに、それぞれ20回。舌はなるべく大きく回し、2秒で一周するくらいの速度で行う。慣れてきたら、少しずつ回数を増やす。目標は50回。
  • ベロ回し体操について
文字サイズ